製品開発に溶接は重要です|AEDは購入した方が値段的に安く利用できる
男女

AEDは購入した方が値段的に安く利用できる

製品開発に溶接は重要です

溶接

精細な加工が可能です

現代社会に普及している様々な製品は、用途に合わせた数多くの原料を加工して製造されています。ただし、金属を中心とした素材を目的通りに加工するためには、高い技術が必要です。そのため、新製品の開発は、加工技術の改良の歴史と言われています。レーザー溶接は20世紀に実用化したレーザーを活用した加工技術で、非常に精細に加工できる点が特徴です。レーザーは分散している光を集積して、エネルギー量を高めています。したがって、レーザー溶接の照射部分は短時間の局部加熱ができるため、加工の対象範囲を限定できます。その結果、加工目的以外の領域に歪み等の熱源からの悪影響が及ぶ可能性は低くなるので、希望通りの加工を比較的簡単に実現できます。

異種材の溶接が可能です

あらゆる物質には、特有の融点があります。つまり、熱加工は、高温状態を作り出して溶融した金属が固化する際に目的通りの形状に加工する方法です。そのため、同種の金属ならば融点が同じなので、加工は比較的可能です。しかし、異種金属の場合には溶融するタイミングが違いますから、意図通りに加工するためには高い技術力が要求されます。しかし、レーザー溶接は局部加熱ができるため、金属に合わせた高温状態まで比較的簡単に加熱できます。したがって、他の加工技術と比べれば、レーザー溶接の方が格段に目的通りの加工ができます。また、市販されているレーザー溶接機は大気中で利用できますから、真空室等の特別な設備環境を用意する必要もありません。